お薦めのフォニックス動画

フォニックス学習をおうちで取り組むにあたって、お薦めのYoutube動画をご紹介します。


フォニックスの素材として確認する際に気を付けていただきたいのは、

例えば"b"の音の時に、bu, bu, bu..., "s"の音の時に、su, su, su....のように、後ろに母音の音を入れずに子音だけになっているかということです。


そうでないと、busの時に、busu(バス)のように日本語発音のようになってしまいます。


実際には、bの音だけを再現することはできないので、かすかに後ろの母音が入ることになるのですが、それが目立たない形で練習できていることがポイント。


ネイティブ講師の動画だと、ba.. ba.. ba...などと練習しているものがあったりしますので、チェックしてみてくださいね。(ネイティブにとっては、発音できるのが当たり前で自然に発音していることなので、そこに意識がしっかり向いていないこともあるようです。)

Youtube Phonics Song 2

https://www.youtube.com/watch?v=BELlZKpi1Zs

最新記事

すべて表示

多読クラブ開設に向けて

少しずつ準備を進めています。 リブライズ上に図書館を作りました! バーコードがない or バーコードを読みとらない本が多々あるので、手作業に時間がかかりそうですが、少しずつ進めていく予定です。 現時点ではまだこのシステムを使っての貸し出しはしていませんが、どんなものなのかお時間がある時に覗いてみて下さい。 リブライズ図書館 Bestie English School

レッスンにおけるフォニックスと戦略と

公開教室ブログにて、フォニックスについての記事を書きました。 お時間のある時にぜひご覧になってみてください。 こちらの非公開限定ブログでは、実際のクラスでどのようにフォニックスを導入し、どのように取り入れているかを簡単にご紹介します。 近年、「できるだけ早いうちにフォニックスを導入し、まだ年齢が低いうちから読み書きも導入する」という流れも、他の英語教室の案内などを通じて目にするようになりました。

© 2020 Bestie English School.  All Rights Reserved.